オーストラリアおすすめの体験型アクティビティ

 
オーストラリアはマリンアクティビティなど、海を満喫できるものがたくさんあります。国際色豊かなレストランから自然豊富な海洋公園まで、ゆったり過ごすもアクティブに過ごすにもぴったりです。そこで、オーストラリアのビーチ沿いで体験することができるアクティビティについてご紹介します。

【南オーストラリア州≪オーストラリアで最も”美味しい”島を満喫する》】

 
ビボンヌ・ベイ・ビーチカンガルー島

 
カンガルー島では、白い砂浜や野生のアザラシが潜んでいる岩山など、両極端な景観が

楽しめるのも魅力です。緩やかな牧草地から、険しい山道をドライブすればきっとお気に入りの場所を見つけることができるでしょう。その道中には、たくさんの名産品を味わうことができます。

・「アイランド・ビーハイブ(Island Beehive)」の貴重な蜂が集めたオーガニックハチミツ
・「アイランド・ピュア・シープ・デイリー(Island Pure Sheep Dairy)」の受賞歴を誇るチーズ
・「ザ・オイスター・ファーム・ショップ(The Oyster Farm Shop)」地産のマロンや牡蠣
・「カンガルー・アイランド・スピリッツ(Kangaroo Island Spirits)」の地元醸造のジン
・「アイランダー・エステート」のワイン

などです。もちろんカンガルーの群れも見ることができるはずです。

宿泊場所には「サザン・オーシャン・ロッジ(Southern Ocean Lodge)」がおすすめです。

レストランでは絶品の料理と、目を見張るような海のロケーションをお楽しみください。

 

【ニンガルー・リーフでジンベイザメと泳ぐ】

 
ジンベイザメニンガルー・リーフ西オーストラリア州

 
シュノーケルを持って海に潜れば、世界最大の魚、ジンベイザメと遭遇することができるかもしれません。体長およそ12.6メートル、体重1.9tの大きさにまで成長することもありますが、とてもおとなしい生き物です。西オーストラリア州にあるニンガルー海洋公園には、世界中のどこよりもビーチの近くまでジンベイザメが寄ってくることでも有名です。ニンガルーのビーチは世界遺産にも登録されており、世界最大級のサンゴ礁があります。

宿泊場所はグジュアリーなエコビーチ・サファリキャンプ「サル・サリス(Sal Salis)」がおすすめです。

 

【ロード・ハウ島でくつろぐ】

 
展望台ロード・ハウ島ニュー・サウス・ウェールズ州
 
シドニーやブリスベンの市街地から飛行機でおよそ2時間ほどのところには、手つかずの自然がそのまま残された島、ロード・ハウ島があります。このあたりの地域も世界遺産に登録されており、ビーチ、熱帯雨林、周りを囲む山々を探索してみてください。

ロード・ハウ島で一番高い山は、標高875mのゴア山です。ゴア山は日帰りで登ることができます。島の東側にあるブリンキー・ビーチでは、同じ大きさの波が寄せる場所なので、ゆったりとボディーボードやサーフィンを楽しむことができます。このビーチには魚は500種類、サンゴは90種類生息していると言われています。シュノーケルを満喫した後は高級ディナーを楽しむのもよし、裸足で屋外レストランの地元のシーフードを堪能するのもよいでしょう。

 

【グレート・バリア・リーフでシュノーケリング】

 
シュノーケリングエイジンコート・リーフグレート・バリア・リーフクイーンズランド州
 

 
世界的に有名なグレートバリア・リーフ。まるで万華鏡のように色彩豊かな魚やサンゴが同じ海の中に共存しているのはとても幻想的です。クイーンズランド州最高峰の世界遺産登録地域で、3000種類のサンゴ礁から成り立っています。
グレート・バリア・リーフでは、リザード島のラグジュアリーエコリゾートから、家族連れに人気のハミルトン島まで、旅のタイプに合わせて様々な施設に滞在できます。メインランドからチャーター便やツアーを利用すれば、日帰りで訪ねることもできます。ケアンズ・ビジター・センターにてご予約が可能です。

 

【ウルルで夜明けの静寂を満喫する】

無料展望台エリアにはいつも列ができています。岩々を一望できる砂丘の秘密のスポットを訪れる「デザート・アウェイクニングス(Desert Awakenings)」に参加すると、ウルルの日の出を見ることができるはずです。日の出を待つ間にコーヒーやパン、卵、ベーコンロールを楽しみましょう。暗闇から紫、オレンジ、深い赤へと色を変えるウルルの夜明けをご堪能ください。

ウルルに滞在中は、オルガと呼ばれる堆積ドーム群、カタジュタにあるヴォルバ渓谷への散歩も欠かせません。

 

「シドニー・シープレーン(Sydney Sea Planes)」を使ってランチへ

 
シドニー・ハーバーシドニー、ニュー・サウス・ウェールズ州
 
「シドニー・シープレーン(Sydney Sea Planes)」とは、ハーバー・ブリッジや壮大なオペラハウスに彩られるシドニーの港をながめながらレストランに向かう飛行機のことです。見事な海岸線の上空を回った後、遠く離れた水路に着陸します。
「ジョナズ・ホエール・ビーチ(Jonah’s Whale Beach)」や「マンフレディ・アット・ベルズ・レストラン(Manfredi at Bells Restaurant)」など、事前に選んだレストランに案内されます。飛行機のパイロットが選んだ人里離れたとっておきの場所で、ロマンティックなピクニックをすることもできます。

 

【熱気球でキャンベラ上空を行く】

 

熱気球キャンベラオーストラリア首都特別地域
 

 
熱気級が離陸し急上昇しているときは、横を見てみましょう。キャンベラの街にある国会議事堂の左右対称な美しいデザインや、戦争記念館、鏡のような反射をみせるバーリー・グリフィン湖が一望できます。「ドーン・ドリフターズ(Dawn Drifters)」が行っている3時間に及ぶ熱気球の旅は、思い出深い体験となるはずです。

もう一つぜひ訪れていただきたいのが、オーストラリア国立美術館です。世界で最も豊富なアボリジニアートだけでなく、その他にもたくさんの貴重な展示物があります。

 

【開設1年目のジ・エッジを辿る】

 

スリー・ケープス・トラックタスマニア州
 
新設のスリー・ケープス・トラックで、南半球で最も高いと言われており、タスマニア州の南東部に位置する断崖、ジ・エッジを辿るのもいいでしょう。この道路からはごつごつとした岩の柱が海の中から300mの高さまでそびえている姿がとてもよく見えます。46kmの断壁と森を歩く4日間のツアーでは、めったに見ることのできない自然を随所に見ることができます。

 

【世界遺産に登録されている刑場】

 
ポート・アーサー史跡が出発地のエコクルーズに参加するのもいいでしょう。建築の美しさが際立つトラックハットに宿泊するのがお勧めです。

 

【ヘリコプターでグレート・オーシャン・ロード上空へ飛び立つ】

 
壮大な石灰岩の岩層、12使徒をご覧になったことがある方もいるかもしれませんが、それらをヘリコプターからご覧になったことはあるでしょうか。滅多に見ることができない角度から、12使徒の違った一面を見ることができるでしょう。「12使徒ヘリコプターズ(12 Apostles Helicopters)」のツアーに参加し、12使徒だけではなく、ビクトリア州のビーチ沿い一帯の島々、桃色をした崖の粗削りな様子、ワイルドなサザン・オーシャンをお楽しみください。海岸沿いを曲がるときには、情緒たっぷりなグレート・オーシャン・ロードも見ることができます。

再び少し高いところに昇り、ムードたっぷりのケープ・オトウェイ・ライト・ステーションを訪れてみるのもいいでしょう。棟を登っていくと絶景が広がっています。

 

【太古のキャサリン渓谷をカヌーで行く】

 
影ができるほど大きな岩壁の横をカヌーで進んでいくと、7000年ほど前からある壁画を見ることができます。キャサリン渓谷をすすむ壮大なカヌーの旅を満喫してください。人けのないアウトバックの奥をガイドが案内していきます。

地元のジャオワン族の人たちが経営している「ニトミルック・ツアーズ(Nitmiluk Tours)」では、先住民の視点に立ったツアーを体験することができます。ニトルミックでは、国立公園内の宿泊施設や、キャサリン渓谷のアクティビティなども提供しています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*