気候と 旅行シーズン

四季が日本と真逆!
温暖な気候の中にも
地域ごとの特色。

南半球に位置し、ほぼ一年中温暖で過ごしやすくなっています。ただし、広大な面積を国土にもつオーストラリアは大きく分けて4つの気候帯に分かれている為、地域よって様々な特徴を持っています。
また、日本とは四季が逆転し、日本が夏の時は「冬」、日本が冬の時は「夏」になります。基本的に日本の”冬の時期”が「旅行シーズン」ではありますが、地域によって時期を少しずらした方が良い所もあるので、主要地域毎に紹介していきたいと思います。

>> 特集記事



 

オーストラリアは日本の約21倍の国土を持つため、東西南北でおおまかに分けて下記の5つの気候帯に分かれています。四季があるエリアは、春(9月から11月)・夏(12月から2月)・秋(3月から5月)・冬(6月から8月)で表記しています。

 

➡「ダーウィン、ケアンズ」に行くなら乾季の12月~4月が狙い目


・熱帯性気候(ダーウィン、ケアンズなど)
四季がほとんどありません。その代わり「雨季」と「乾季」に分かれています。雨季は11月から5月、乾季は12月から4月、雨季は日本の夏の様に湿気が多く蒸し暑いです。日本の梅雨の様に"しとしと"と降り続く長雨ではなく、スコールの様に一気に降っては一気にやむような降り方で、特に朝夜は雨が多くなります。一方、乾季は晴れる日が増え、湿度が下がります。雨季の平均最高気温が30℃・最低気温が22℃、乾季の最高気温が27℃・最低気温が18℃と年間を通じて気温の差・寒暖の差がほとんどなく過ごしやすいのが特徴です。

 

➡「シドニー、パース」は「春から夏」(9月~2月)がベストシーズン


・地中海性気候(シドニー、パースなど)
一年を通して温暖な気候で、日本の様な四季があり、晴れの日が多いのが特徴です。その晴天率は年間で340日以上にのぼります。真夏になると気温は30℃を超え、湿度も高くはなるものの、もともと空気が乾燥しているせいか、カラっとしていてそれほど暑さを感じません。日陰にいると寒く感じたり、朝晩の寒暖の差が激しかったりするので、紫外線対策の意味も含めて羽織る物を持っていったほうが良いでしょう。また逆に真冬は比較的温暖で、10℃を下回る日がほとんど無く、凍えるような寒さになる事はありません。ベストシーズンは、「春から夏」。特にパースは"春の旅行がおすすめ″。「ワイルドフラワー」と呼ばれる自然環境に自生する野生の花々が街道沿いを埋め尽く姿は圧巻です。9月に行われる「ワイルドフラワー・フェスティバル」は3000種以上ものワイルドフラワーが会場を埋め尽くします。

 

➡「メルボルン、アデレード」で春(9月~11月)の新緑や秋(3月~5月)の紅葉を楽しむ


・温帯性気候(メルボルン、アデレードなど)
日本と同じで四季がはっきりしている為、春の新緑や秋の紅葉も楽しめます。また、1日の中でも天気が変わりやすいのが特徴で、朝晩と日中の気温差がある事で「一日の中にも四季がある」と言われています。夏は特に天気が乱れやすいので、折り畳みの傘があると便利です。

 

➡「エアーズ・ロック、アリス・スプリングス」は夏(12月~2月)に行くのがおすすめ


・砂漠性気候(ウルル【エアーズ・ロック】、アリス・スプリングスなど)
一年中雨が少なく、非常に乾燥した気候。四季は夏と冬にハッキリと分かれます。夏の平均最高気温は35℃とかなり高く、日によっては40℃を超える日もありますが、夜は20℃前後と爽やかで過ごしやすいです。また、冬は日中の平均最高気温が20℃前後と過ごしやすく、エアーズロックの観光にはベストシーズンと言えます。日中の過ごしやすさとは逆に、朝晩は7℃前後とかなり冷え込むため、厚手の防寒具は必須です。また、エアーズロックは「ハエ」が多い事で有名。夏は特に増え、冬は少し減りますがそれでもかなりの数がいる為「ハエ除けネット」が便利です。頭から被る顔周りをハエから守ってくれるネットで、現地購入で$10ほどの様ですが日本で購入すれば400、500円で購入できるようなので日本から持参するのがおすすめです。

 

➡「ブリスベン、ゴールド・コースト、サンシャイン・コースト」は春(9月~11月)がベストシーズン


・亜熱帯性気候(ブリスベン、ゴールド・コースト、サンシャイン・コーストなど)
一年中温暖で晴天率が高い為、降水量は少なめで湿度が低く過ごしやすいです。年間の気温差もほとんどありませんが、1日の寒暖差はかなり激しいので服装には注意が必要です。朝晩の寒さと日中の暑さに対応できるよう重ね着をし、脱ぎ着がしやすい恰好をおすすめします。ベストシーズンは気温が安定していて降水量が少なめの「春」(9月から11月)。夏(12月から2月)の時期は一番降水量が増え、急な豪雨が発生し洪水が起こりやすくなります。また、夏は特に熱く最高気温が40℃近くになる事もあり、湿度もそれなりに高くなり蒸し暑くなりますが、海からの涼しい潮風が蒸し暑さを和らげてくれています。夏の時期は折り畳みの傘があると便利です。